お笑いプロジェクト始動!第一弾として、元芸人が店主を務める動画PR専門店『くすぐり』開店

マーケティングコミュニケーション領域に「芸人」の視点を活用
芸人が拵える動画PR専門店『くすぐり』開店
M-1準決勝進出の元お笑い芸人による『お笑いプロジェクト』9月20日(木)より始動

【URL:https://kusuguli.jp/


株式会社マテリアルは、マーケティングに”芸人”の視点を活用し、プロモーション施策等を目指した『お笑いプロジェクト』を9月20日(木)より始動いたしました。今回、第一弾としてM-1グランプリ準決勝進出経験を持つ元芸人を店主に迎え、動画PR専門店『くすぐり』を開店いたします。

【URL:https://kusuguli.jp/

▼なぜ、今「笑い」起点の戦略立案を立ち上げたのか?

ソーシャルを活用したブランディング形成が当たり前の時代。どんなターゲットに対しても受け入れられるコンテンツは、通常の戦略立案からのアウトプットでは成立しなくなってきています。日本人の感興は能楽に始まり、歌舞伎や落語、またラジオやテレビなど、そこには常に「笑い」がありました。日本文化において「笑い」は、世代を超えて人々の時間を豊かにする力があります。無限の可能性を持った「笑い」の力を信じて、情報過多なこの時代で「コンテンツを見たい」という行動への、許容度が高いクリエイティブを創り上げる。私達はそんな「笑い」を取り入れた戦略設計をしたいという思いから、『お笑いプロジェクト』を発足いたしました。

 

▼「ひとりでも多くの人を笑わせ、そして見たことがないものを」

この想いに賛同する芸人と、一皿一皿懸命に奉じていきます。隅々までこだわった一皿(わらい)を実現するため、「素材」「器」「人」を一切交譲せず、 常に革新的な烹炊(アイディア)で皆様の記憶に刻む、深奥な一皿(わらい)をご提供いたします。(※動画の企画、制作、PRまで一貫して請け負います。ご相談無料。)

 

▼芸人が表舞台で輝ける確率は1%以下

お笑い芸人として表舞台で活躍できる確率はほんの1%以下と言われています。しかし四六時中ネタを考える思考力は、PR・広告マンには無いユーモアな視点やアイデアとして活躍することが期待できます。そのような芸人たちの思考がひとつの「マテリアル(素材)」として輝けるよう、社内に芸人チームを迎え、プロジェクトを発足しました。マーケティングの新たな可能性をはじめ、芸人という素晴らしい職の舞台を広げることに一石を投じます。
 

▼店主プロフィール

源八(げんぱち)
福岡県久留米市出身。高校卒業後、吉本の養成所に入り、芸人の道に進む。
2003年のM-1グランプリで準決勝進出を果たした後、本格的に映像制作に転向し、CMプランナーやTV番組のAPとして活動。既に、地方エリアCMにもかかわらず、全国的に話題となった作品を生み出している。

 

▼WEBサイトには「くすぐり」ポイントが満載

一見すると、本格料亭のホームページとも見紛うWEBサイト。よく見ると、笑いに磨きをかけるようにパソコンを研いでいる様子や、その研ぎ澄まされたパソコンで、額に汗して繊細に調理する店主の姿、またそれらを世の中に送り出すHDCAMテープなど、思わず「くすっ」と笑ってしまうような”くすぐり”が随所に散りばめられています。
店主のこだわりが詰まったWEBサイトも、是非お楽しみください。

 

▼お問い合わせ

『お笑いプロジェクト』に関するお問い合わせはこちらまで。

株式会社マテリアル TEL:03-5459-5490 / FAX:03-5459-5491/MAIL:kusuguli@materialpr.jp (担当:森)